大手ではすでに多くの企業がオンライン商談を取り入れたり検討をしたりしています。

しかし、少人数で経営している外壁塗装やリフォームなどの建築関連の会社、生命保険などを取り扱う保険関連の会社などでは、ほんとに利点があるのかと思う人もいるかもしれません。

オンライン商談を取り入れると互いに移動時間を減らすことができるので、このことで商談の効率化につながります。遠方の顧客との打ち合わせでも、互いに都合の良いタイミングで天候に左右されることなく気軽に打合せができるでしょう。

今までは移動時間が必要なために、打ち合わせのために仕事を調整する必要もありましたが、オンラインなら移動時間がない分、打合せをしやすくなります。

また、ベテランの打合せの状況を手軽に録画できるのもオンライン商談の利点で、この動画を新人教育に役立てることが可能です。

ただ、ネット回線の状況によっては通信ができない、商品などの実物を見せることができないなどの欠点があります。しかし、導入するだけの利点も多いです。

ITが苦手でまだ導入していないのなら、営業代行なども請け負っている営業コンサルなどの専門家に相談するのも良いでしょう。