コロナウイルスの影響により、社内での会議をオンラインでおこなう企業も増えました。

そんなオンライン会議で使うツールを上手く活用することで、オンライン商談も可能となります。

このツールを商談に活用するには、商談にも適したツールを活用する必要があります。ツールといっても複数ありますが、選択するポイントさえ分かれば、自然と適したツールを選ぶことができるでしょう。

商談では安定した会話ができるように、ネット回線ではなく電話回線が使用できるツールが良いでしょう。

ITに疎い人でも対応できるようにインストールなしで使用できる、録画や文字起こし、画面共有機能、トークスクリプト、共有メモなど、営業向けの機能が搭載しているかをチェックします。

顧客管理システムなどと提携していれば、とてもよいツールです。ITに詳しくない、専門家に相談したいときは、営業代行にも対応した営業コンサル会社に依頼をすると良いでしょう。