最近では、多くのサラリーマンが投資を行って、収入を増やしています。

いろいろ、投資方法はありますが、最もサラリーマンにおすすめの投資方法は不動産投資です。

なぜなのかというと、不動産投資の資産形成方法に関連してくるのです。

そこで、今回は2つの視点から不動産投資がサラリーマンに向いている理由をお伝えしていくので、もしも投資に興味があれば、メリットをしっかりと知って、投資を始めるきっかけにしてみてください。

 

まず、もともとサラリーマン時代は安定した収入を得ることができるので、なかなか投資という考えに行き着かない人が多いです。

気持ちとしては、会社経営者や自営業とは違って、会社に勤めているサラリーマンは収入が途切れたり、大きく収入が減少してしまうというリスクは滅多にありません。

特に一般的な企業に勤めているサラリーマンの場合、そういった気持ちがより強いと言えます。

ですが、現代の社会において大企業だから絶対に安心ということはありません。

さらに、年金は年々減っていっているので、自分が年金を受け取る世代になった時、きちんと生活ができるくらいの年金を受け取ることができるのか、と言えば疑問しかありません。

なので、将来に向けた安定を自分で作り上げていく必要がありますし、考える必要があるのです。

そこで大事になるのが、資産形成を自分で行うということです。

昔の時代よりもずっと経済が悪化している現代において、こういった自分の将来について考える機会というのはたくさんあるはずですし、不安も増しています。

そんなサラリーマンの皆さんには、不動産投資をおすすめします。

 

おすすめする大きな理由は2つあります。

1つは、副業の代わりになるということです。

ある程度の年代の時に不動産投資を始めると、万一赤字になった時に取り返しのつかないことになります。

投資というのは、どのような場合でもリスクはつきものなので、この点は絶対に考えておかなくてはいけません。

そのような場合、サラリーマンという本業を持っていれば、給与収入で生活はできるわけなので、もしも不動産投資で赤字が出たとしても補うことはできます。

投資、というリスクを軽減させるためにもサラリーマンとして働いているうちがいいといえます。

 

次に、比較的ローンが組みやすいということもサラリーマンの特徴です。

不動産投資を始めたいと思っても、物件を一括で購入できる人はなかなかいないので、ローンを組む人がほとんどです。

審査の場合、安定した継続的収入がある人、という重要なポイントがあるので、年齢を重ねた後だとこの点でNG扱いされてしまうことも多くあります。

せっかく、良さそうな物件を見つけても、審査がおりなければ不動産投資は開始できないので、ローン審査が通りやすい時期にやっておくと将来への投資として意味がありますよ。

 

収入が安定しているうちにローンを組んで、副業感覚で不動産投資を始められるということが、サラリーマンが不動産投資に向いている理由です。

自分の収入と支出を加味して、きちんと無理のない範囲で始めてみてください。