不動産投資における法人化には、個人への高い税率と比べ、法人の低い税率が適用される等、多くのメリットを受ける事が可能です。

 

ですので、不動産投資を行う投資家ならば、一度は法人化についてのタイミングを検討したいものでしょう。

 

実際の法人化への判断基準は、家賃収入1,000万円以上や年収1,000万円以上など様々な基準がありますが、利益がない物件では意味が無い可能性があります。

 

法人は法人でも不動産投資におけるどのタイプの法人を検討しているのかという視点も重要なのです。