貯金とは異なり、不動産投資はリスクをとって利益を得ようとするものなので、失敗した際のリスクを負いきれないと判断するなら始めるべきものではないです。

 

これは不動産投資に限らず、株やFXといった資産運用についても同様の事が言えるでしょう。

 

このような投資を始めるにあたっては、もし大きく失敗してしまった時でも、それに耐えられるような自己資金を用意しておく事が必要です。

 

不動産投資の方法には、物件を売って利益を得る方法も存在し、短期間で相当な利益を上げられるメリットもありますが、一般投資家ならそのような方法を主流とせずに、少ないながらも手をかけずに安定した収入を得られる方法で、不動産投資を行っていけば破綻リスクは押さえられるでしょう。