一般的な発電効率とは、入力したエネルギーに対して電力が発生した割合を指します。

 

太陽光発電システムにおける発電効率は、太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換できた割合を表します。

 

この発電効率は高ければ高い方が良いですが、その理由は元のエネルギーを無駄にしなくて済む為です。

 

例えば、発電効率が100%の発電方法があるとすると、光や風など元となるエネルギーはすべて電気へと変換出来ます。

 

現状、発電効率100%の発電方法はないですが、再生エネルギー、中でも太陽光発電システムの発電効率は、日々進歩・改善をしている途上にあるのです。